ショールーム日誌

2004/03/10 -“オーダーメイド・ダイヤモンドですね”との一言はまさしくその通りの巻-

 ホームページを開設してから二年と四ヶ月。作成に際して、とにかくエイトスターに起こったことを、一つ一つ丁寧に分かっていただくホームページにしよう、と思って作成し完成した現内容に満足もしていたのだが、ホームページを見て来ました、というお客さまは増えなかった。

会社には、コンピューターに詳しい人はいない。みな素人。(因みに、いま募集中)。突然にいただいたメールで知ったインターネット・サーファーとやらも、我が社にはいない。インターネット上をサーフしないから、たくさんのホームページを見る人のことらしい。だから、ホームページの作りがどんなものがいいとか、専門的にはどこをどうした方がより効率的だとか、言う人もいない。ホームページ製作者の作ってくださったページを、ありがたいままに存在させているだけ。

今年の一月から、突然何かが動き始めたかのごとく、来店者が増えていた。何故かは分からないが、その中にホームページを見ました、という人も増えてきていた。インターネットを通して、エイトスターが知られるまでに、2年も掛かった、ということなのか……。それにしては遅すぎる。

実は、そんな時を同じくして、我がホームページが自己満足の、まったく働きの悪いホームページであって大変に勿体ない、というメールをくださったありがたい方がおられた。自己満足とは、知る人ぞ知る、のホームページで、知らない人が見つけ出すことの大変難しいホームページになっていると言うのである。その一番の問題は、すべてがフレーム(枠)で囲われているから、そのフレームに囲まれた中の文章では、検索にヒットしないのだという。しかも、ホームページの中にたくさんある項目もフレームで囲まれ、その違う内容のタイトルにさえ、「エイトスター・ダイヤモンドへようこそ」という表紙のタイトルしか出て来ない。例えば、シャーリー・マクレーンとの出会い、という項目ならば、そのまま「シャーリー・マクレーンとの出会い」とフレーム・タイトルに出て来なくては、折角の内容が表に現れない。しかも、すべてが真実で、貴重な情報ばかりなのに、と仰言る。
だから、エイトスター・ダイヤモンドを知っている人は、ホームページを訪ねることが出来ても、まったく知らない人が一生懸命に検索している何かには、ヒットしにくい。従って、新しい人が知る機会が減り、来店するまでには至らない。だから、自己満足のホームページだ、というのである。
だから、結果的に働きの悪いホームページということになる。資料まで送っていただいて見せられたら、なるほど、まったく左様でしたか……である。知らぬが仏ならぬ、無知の徒労物語である。
そして、フレームをいまさら外すことは難しいだろうから、せめてそれぞれの項目タイトルだけは変えた方が良い、とのアドヴァイスである。タイトルは、画面の一番上に出てくる。ありがたいことである。

そんなホームページにようやく辿り着いて、「私のダイヤモンドは、これしかない!」と来てくださった二組のお客さまが、3月9日の夕方あった。

お一人は、横浜から。すでにおだやかな、安心して側にいられる、というエネルギーを発散している人であった。静かである。こういうエネルギーの人こそが、まず自分のためになり、周囲の人のためにもなる。

免疫・神経・血液循環・アレルギー・臓器の変成・内分泌系・脳の7ヶ所の測定である。順に、 48・48・46・47・48・48・56

測定結果は、血液循環が少し陰側に入りすぎているが、後は何も問題はない。EAVで測定したこの人にとって最も必要な50という数値のダイヤモンドを選ぶ。50の数値は、自然治癒力を刺激して、最も効果的な体調維持に貢献する。
この人のダイヤモンドを選び、滅多にあることではないが、本当に二つのダイヤモンドが現れた。甲乙つけがたい癒しのダイヤモンドが二つ。我々がすることは、数多くの中からとにかくオンリー・ワンのダイヤモンドをお選びすること。今回は、珍しいことに二つ。後は、ご本人にお任せした。
結果は、黄色気味のダイヤモンドで、体調を整えるのには最適なもの。選んでいる間から、ご本人が気に入っていたダイヤモンドであったとのこと。機械で相性を見せられ、ご本人が気になっていたダイヤモンドと一致。数値で確認できるから、疑問はない。ならば、これ以上のものはない。自分で言うのもおかしいが、不思議なダイヤモンド選びである。しかし、これこそが、最も進んだ人と宝石の関係なのだ。まず我ら満足。お客さま、大満足である。

もうひとかたは、北海道から。しっかりとしたお嬢さん。
何とサッポロに出て一人、仕事を頑張っているとか。インターネットでホームページを見つけて、出張を利用して嬉々としてやって来ていた。
測定の結果は、これは頑張りすぎです。男なみに仕事をしている人の数値です。典型的な現代人特有の「気の病」の状態です。
免疫・神経・血液循環・アレルギー・臓器の変成・内分泌系・脳の順に、 60・60・58・61・67・59・66

結果を一目見て、思わず私は言いました。
「こんなに頑張らなくていいんだよ。それにしても、来てよかったね……。本当に自分を救ったよ……。インターネットでエイトスターに辿り着くのが大変、って聞いているけど、どうしてエイトスターのホームページにアクセスしたの?」
と。
「色々と見つけている内に辿り着いて、“私のダイヤモンドはこれしかない!”と思ったのです。来られて本当うれしいです。」
「そうか。それじゃ、自分自身を褒めて差し上げなさい。あなたの探究心がここを引き寄せたんだよ。それにしてもよかった。このままだと、大変なエネルギーの人と共鳴して、結婚してしまうからね。エネルギーが調整されると、そのエネルギーに相応しい人と共鳴し始める。花嫁修行もするに越したことはないけれども、エネルギーを絶対の真ん中にしておくことがまず先。色々いいことあるんだ。これから実感するようになるからね……」 
そして、彼女の疲れた気を完全に癒すダイヤモンドを20個くらいの中から選んだとき発した言葉が、
「本当の、オーダーメイド・ダイヤモンドですね」だったのです。

およそダイヤモンドにはそぐわない言葉ではあるが、それ
だけに意外性があって、私にはインパクトのある言葉であった。確かにそうである。加工していないダイヤモンドそのものの一つ一つからまず最善のものをお選びする。その後に加工に入る。
だから、オンリー・ワンのダイヤモンドが選ばれても、お手許に届くのには2~3週間掛かる。(婚約指輪で日がないものは、優先して希望の日までに完成する)。世界中で行われているダイヤモンド販売の常識にはどの部分も当てはまらない。カットがこれ以上なく、エネルギーまでが解明され、人の気を調整する究極の一品選びは、これしかないのである。

ご自分で引き寄せたダイヤモンド。来店される、ということは、みなさんそれなりのご縁がある、ということであるが、彼女の場合には特に、幾重にもエイトスターと関係のある魂を持った人のようであった。

出張に来ている本社名とその場所を、私は知っていた。初めて聞く社名だったが、覚えていた。毎晩散歩をしていた道すがらにあった。住まいから400m。しかも宿泊先が、直線200mのさらに近く。私の帰宅とお帰りとが重なって、車でお送りさせていただいた。

ホテルの玄関から、ずっと手を振りながら見送ってくださる彼女の心の内が伝わってきて、とてもうれしい一日の最後となりました。お互いに、出会えて幸せでしたね。

インターネットのホームページからの出会いも、エイトスターの醸しだすエネルギーにつながって、今日もお互いの喜びにつながったこと、間違いありません。だから私も格別に
うれしい。ありがとうございました。

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。