ショールーム日誌

2010/11/04 まさか、ダイヤモンドが選んでいた!? 不思議ダイヤモンド選び-(3)

お客様指名の不思議の巻 ~パート3~
『ダイヤモンドが選んでいた!?』

「騙されてるんじゃないの・・・!?」
これは、今回の主人公のご主人が発した一言です。

先月の7日、8日とエイトスターは去年に引き続き、『癒しフェア』に参加をしました。

毎年2日間で3万人程のお客様が来場されるこのフェアは、その名の通り身体に優しい商品や、ヨガやヒーリングなどの活動も含めた全ての『癒し』を皆でシェアしよう!といった体験型のビッグフェアです。

エイトスター誕生から四半世紀。
ここ東京四谷を中心にご縁のある方々、ご紹介がメインで大きな宣伝広告を打たないエイトスターにとっては、昨年の出展は新たな一歩。そして今年は何か異なる形でエイトスターを啓蒙していきたいと思っていた矢先でした。

一本の電話がフェアの主催者から入ります。
「今年も会場でプレゼント抽選会があるのですが、何かお願いできませんでしょうか」

癒しフェアでは毎年会場で、御祭りなどで使うガラガラ(?)(右に一回転させて出てきた玉の色で抽選をするくじ(!))を用いて抽選会を行っており、買い物を\1,500以上すると、抽選券が一枚もらえる。それが二枚たまると一回のガラガラチャンスといった訳です。

そして、社内で話し合った結果、エイトスターを一石提供しよう!という事になったのです。
これにはさすがの主催者側もびっくりです。

「本当によろしいんですか!?これはスゴイ事ですよ!!」
日にちが間もなかったにも関わらずポスターにも載せて下さる、と興奮を抑えられない様子でお話くださいました。

実は今回提供を決めた理由が大きく二つありました。

①昨年から御世話になっている主催者をサポートする事で、フェア自体に貢献できる。

②究極の癒しであるエイトスターを、もっともっと沢山の方に知って頂ける。

そして、三万人以上の来場者の中から、どの様な人に当たるのか・・・見えない世界のサポートがあるエイトスターからすると、どれだけ必要としている人につながっていくのか……、
それはそれは、楽しみでした。

フェア一日目・・・その方は現れませんでした。
そして二日目も午後に入り、私が記憶している限りではフェアの残り時間が3時間を切った頃だったかと思います。
その時は意外な形でやってきました。

「すいません……これ……!?」接客をしている私の横で、スタッフに話かけていたのは、キョトンとした表情で目録を差し出していた女性とご主人、息子さん、娘さんの四名プラスわんちゃんでした。

目録を見たスタッフが「おめでとうございます!!!!」と、元気笑顔いっぱいに歓喜の声をあげます。

「……? ……!」

あれ!? 接客中の私は、この女性の大リアクションを期待していたのにリアクション所か、嬉しいという雰囲気もありません。スタッフが説明を始めたにも関わらずその表情はあまり変わらず『キョトン』という状態がつづいています。接客を終えた私は、タイミング良くフォローに入ります。

「おめでとうございます!!!!凄いことですよ!!!!」とテンションを一気に上げて喜びを促す私。でもやっぱり反応は微妙です。そして、次にこの女性から出た一言は私の想像を絶する物でした。

「あの……、それで……、何が当ったんですか?」
「えーーーーーー!???!」絶句する私の心の中は驚きでいっぱい。

そして、「ダイヤモンドですお客様。ダイヤモンドが当ったんですよ!」熱く思いを伝えている最中、

キョロキョロとダイヤモンドの入ったショーケースを覗いていた女性は急に声をあげました。

「えっーーーーー! これって一人にしか当らないんですか!!??」

実はディスプレイの中には、こんなメッセージを貼り出していました。

抽選会でこの“究極の癒し”が1名の方に当たります!!
2010年癒しフェア、あなたとの出合いを待っていた特別なエイトスターです!!

徐々に実感が沸いて来るお客様。まるで水がお湯になるかのごとく、それはそれは、ゆっくりと温度を増していったという感じでしょうか。最後は一気に沸騰し、鍋から吹きこぼれるかのように
「すごーい!!すっごーい!!!」

実は今回の抽選会では、沖縄旅行を抑えエイトスターが堂々の特賞になっていたのです。特賞が当たれば、館内放送やガラガラ担当者からの説明が当然あると思っていました。

それが、無かった事がこのお客様の「……? ……!」を生んでしまっていたのでしょう。

理解してみれば、かなりのハイテンションで盛り上がるお客様。話を伺うと特賞を引いたのは長男さんだそうで、7回のガラガラチャンスの6回をお母様が、そして最後の1回をこの長男さんが回したのだそうです。

そのまさに最後の一回転で運命の金の玉が出てきたのです。
長男さんやりましたね!

「金(!)の(!)玉(!)が出てきたんだよ。しかも一個だけ!
2個ないと困るんだけどなぁー」と際どいギャグを交わすお父さんと楽しく会話しているかと思うと、

「おい!」とすかさず娘さんの激しいツッコミが、お父さんの肩辺りにビシッと入ります。

何とも和気アイアとしたこのご家族プラスわんちゃん。
私はどれだけ必要な人につながっていくのか楽しみだった半面、逆に全くエイトスターをご理解頂けず、

「くれるのならもらうけど・・・」なんて仰られる方だったらどうしようと思っていた部分もありました。そんな思いもあってか、このご家族の何とも純粋な雰囲気を目の当たりにして「良かった!!」と内心安堵していました。

今回のプレゼントは、ルース(裸石)の状態なので、そのままはお渡しできません。

また、折角エイトスターをお持ちいただけるのであれば、エイトスターの事を知っていただいてからお持ちいただきたい!という気持ちがありましたので、後日ご来店を頂く形となりました。

「まだ実感できません。キツネにつままれているようで・・・しばらくは把握できないと思います。」と驚きと嬉しさが相まって複雑なお気持ちのお母様をよそに、温かな表情の長男さん。ダイヤモンドと聞いた瞬間からお母さんにつけてもらいたいと思っていたとか。本当に明るいご家族でした。

そして、フェア終了から3週間が経過し、とうとうご来店いただく日となりました。

ダイヤモンドの真実を伝える博物館的なショールームの店内をご説明し、EAVをご体験いただき全てがスムーズ。そして、田村のご挨拶の時間となりましたが、ここで私にちょっとした考えが……。

折角ご縁でお持ち頂ける訳ですから、フェアに持って行ったダイヤモンドではなく、エイトスター本来のダイヤモンド選びの逸品“ブレッシング・ワン”を社長に選んで頂くのが良いのではないか、と思いました。

田村と相談をした後、10分位でしょうか「よくいらっしゃいました! おめでとー!」と言いながら、田村の登場です。

話を進めていく中で、当日の皆さんのお気持ちがどんどんと言葉となって現れてきました。そして、ご主人が一言

「実は、家に帰ってからも、騙されてるんじゃないかって話してたんですよ。だって懸賞だって一度も当った事ないんですよ。来店の電話をしたら『そんな話は知りませんよ』って言われるんじゃないかって、今日実際にここに来るまでは正直そんな風に思ってました。」そして奥様は「これで、一生分の運を使いきったんじゃないかしら……」とちょっと苦笑いで話されました。

しかし、田村も私も気持ちはもちろん同じです。
「ここからですよ! エイトスターが持つ人に必要な効能を発動して、一生サポートして行きますからね……。」


そして、田村はダイヤモンド選定の態勢に入ります。900個以上のダイヤモンドから、持つ人にとってたった一つの、しかも神様から祝福を受けたダイヤモンドを選ぶのです。

お母さんの手の平に触れながら感性を研ぎ澄ます田村。
すると突然、

「・・・ないよ!」と田村。

私「えっ!?」と思わず声を出した私の心境はというと、『うそー??どうしよう!!??』と内心動揺を隠しきれません。

数秒で、相応しいダイヤモンド選びをする田村が、「ない」と言ったら、在庫の中にない、と言うことです。

折角ご来店くださったのだから、世界にエイトスターしかない究極のダイヤモンド選びを通して、目の前でブレッシング・ワンを選んで差し上げようと思った私。それが、いま裏目に出てしまったような雲行きです。いまさら最初のエイトスターがお客様のものでした、なんて言えません。

田村「ちょっと待って……! これは何??」と、田村が指差したダイヤモンドは、お客様の目の前に置いてあったダイヤモンド。

困惑気味の私にここで驚きの一言、

田村「これだよ!!これがあなたのブレッシング・ワンだよ!!これってもしかして……」と田村はダイヤモンドをお客様の手の平に乗せて、確認をし始めました。

そうなんです。このダイヤモンドこそまさに、私たちが癒しフェアに持って行った抽選用のダイヤモンドだったのです。

田村「嘘でしょー! 今までにないことが起こったね。
これって、ダイヤモンドが完全にお客様を選んだってことだよね。あなたを呼んだね!これって凄くない!?」

神様が、いや今回はダイヤモンド自身がお客様を呼んだ、と言うのです!

それはまさに、絵に描いた様にドラマチックな展開でした。
まさに必要な方の元へ繋がっていくという意味ではドンピシャリ。

このダイヤモンドを必要としている方=このダイヤモンドがずっとずっと何億年も待ち続けていた方。それが今回の癒しフェアを通じ、来場者総数約3万3千人の中からピンポイントで繋がれた瞬間でした。

ご家族全員の心の中から疑問符が消え、素直に嬉しいと感じて頂けたと思えたのは皆さんの表情からです。お帰りになられる時には爽やかな表情と100%の笑顔を下さいました。

振り返れば、現実としていきなりダイヤモンドが当たりました。

さらにこのダイヤモンドには不思議な力があります、なんてちょこっとでも言われたら、一般的には誰でも疑問を抱かずにはいられないでしょうね。

でも改めてこれは現実だった!
そして、いま正式に持ち主が決まった瞬間から、このダイヤモンドはリングに加工中の今もエネルギーが繋がり、お客様をサポートしています! 不思議なダイヤモンドの力です。

この25年間、田村の熱い探求心とそれを導いた見えない世界の働きにより、EAVでエイトスターが身体を癒してしまうことが分かり、更には意識指数で見えない世界とエイトスターの未知なる関係が大きく解明されてきました。

そして今尚探求を続ける私共は、今回の様な驚きエピソードを日々目の当たりにしています。

意思がある石エイトスターだからこそ起こる数々の不思議は、ダイヤモンドが指名しているという所まで来ているのかもしれません。

そんなエイトスターとの出会いもそうですが、一つの選択や出会い、何が人生を変えるターニングポイントになるか分かりません。特にエイトスターを既にお持ちの方は、エイトスターの効能が働いて、必要な事がどんどんと起こっているはずです。

色んな事にチャレンジしたり、参加したりして下さい。
T様も今回のフェアに来場しなければ……、ガラガラに挑戦しなければ……、6回しかチャンスが無ければ……、この出会いは無かったのです。

まさかを起こしつづけるダイヤモンドではありますが、3万3千人の中から、ダイヤモンドに合う人を選んで当てていたとは、新しい驚きでしたし、新たな気づき、真実をもたらしてくれました。

普段我々人間がやっている、と思っていたブレッシング・ワン選びも、我々が選んでいたと思っていたことの見えない裏側で、ダイヤモンド自身がお客様を選んでいたのかもしれない、と思わせた出来事でした。そうだとしたら、ますますダイヤモンドそのものに、人間側から主役が移っていくかのようにも感じる不思議でした! ダイヤモンドが持つ人に合ったダイヤモンドを選んでいる、なんて、ますますロマンですね。

おめでとうございます、Tさま……。ますますお幸せに……。
そしてお読み下さった皆様も日々の生活の中で何かエイトスターに繋がるようなお示しがあった場合は、是非ご連絡ください。ご連絡お待ちしています。

ダイヤモンドが選んだお客さま指名の巻でした。
(ショールーム・渡辺記)

田村追記)あれから3ヶ月、ますますダイヤモンドが我々を使って、お客様のダイヤモンドを選んでいる。いやさらに、最近は、お客様が目の前にいらっしゃると、

“僕だよ!!”“私ですよ!!”とダイヤモンドの方が、手を上げて私に伝えてきているように感じながら、ダイヤモンド選びをするようになりました。

見えない世界の高みに進めば進むほど、そんな感じを受け取れるようになっていくようではあります。そんなダイヤモンドとお客様との関係が確信となるきっかけとなったダイヤモンド選びとなりました。決して、忘れることはないでしょう。
有り難う、ダイヤモンドさん。
有り難う御座居ました、Tさん。

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。