ショールーム日誌

2018/05/01 ご家族の絆を感じるリフォーム

今回は、リフォームに訪れたご家族のエピソードをご紹介します。

 

ご家族の温かい絆がとても印象的な来訪でした。

この方々は、今は母娘の三人家族で、お父様は数年前にご病気でお亡くなりになったそうです。古くからのお客様で、ご縁ができたころはご夫婦と小さな二人のお嬢様の四人で、たまにご来店くださっていました。

 

エイトスターのお店で働いていて、毎日美しいダイヤモンドをご紹介するお仕事をしている中で、気が付けば長い時が過ぎたのだなと実感するのは、小さな天使のような可愛らしいお客様の成長を目の当たりにした時です。

 

今回のご来店でも、懐かしいお嬢様方が美しく成長された姿を拝見し、上のお嬢様はもう就職することになったと伺って、本当に月日が流れるのは早いものだと感じました。

 

今回のご来店は、お父様の遺品のエイトスターのリフォームをすることでした。

お母様のたってのご希望で、このエイトスターを娘二人で共有して着けさせたいということでした。それで、デザインをみんなで相談するためにご家族そろっての久しぶりのご来店となりました。

お嬢様方は、子供の時には何度もショールームを訪れており、子供ながらにエイトスターのことはご存知でした。そして、ご両親がエイトスターをとても大切になさっている姿を見て育ちました。ですから、エイトスターのことはもちろん良い印象をお持ちになってい.

るのですが、実際に大人になってから自分のためのデザインを選んだり、そもそもエイトスターってどういうものか改めて説明を受けたりしているうちに、本当に素晴らしいものだと理解されたご様子で、お二人とも目がキラキラと輝いてくるのがとても印象的でした。

お母様のご希望はもう一つありました。

お父様の遺品のエイトスターは、お嬢様二人でしばらくは共有するのですが、いずれはそれぞれが一つずつエイトスターを持つことを想定して、二人のどちらの方がより合うのかを調べたいとのことです。

そういうことならば、と、中心軸チェックをしましたら、上のお嬢様のチェックでは中心がしっかり定まり、力強い反応が出ました。そして、下のお嬢様にはそこまでの変化がなかったことをご家族みんなが実感できて、この、大きな体感を伴う不思議な反応に、大変驚かれ、さらに信頼が深まったご様子でした。

結局、このダイヤモンドは上のお嬢様が引き継ぐことになっていたのだと皆様が実感なさったご様子でした。しばらくの間は姉妹で仲良く共有なさいますが、次は下のお嬢様のためのエイトスターをお選びするところまで、ご家族の未来の予想図ができあがりました。

 

今は母娘の三人の生活ですが、お父様が遺されたエイトスターが、愛娘に引き継がれていくことで、今この瞬間にもお父様との絆がより一層深くなっていくように感じられました。

お帰りになる時には、優しく微笑みあって穏やかに出て行かれる仲の良いお姿がとても幸せそうに感じられて、私たちも心が温かくなりました。

 

ご両親のエイトスターをお子さまたちが引き継ぐ時には、気的(EAV)には、どのお子さまでも、オール50のダイヤモンドの引き継ぎになりますが、ブレッシング・ワンとなると、今回のように筋肉反応でのチェックをすることによって、最善の引き継ぎが可能になりますので、お試しになられて下さい。

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。