ショールーム日誌

2017/12/21 エイトスターの素晴らしい波動を実感なさったお話

久しぶりのショールーム日誌です。

今回は、とある大都市の、しかも宝石店にお勤めの40才台の女性の体験をご紹介します。

女性はもともと同じ会社の事務職だったのですが、今年になって異動が決まり、入社以来初めて宝石販売店で勤務することになったのだそうです。
その異動に伴い、接客に必要な大きい宝石を着けざるを得なくなり、0.5カラットのダイヤモンドのペンダントや、ある程度ボリュームのある色石にメレ・ダイヤを合わせたリングなどを購入することになり、仕事の時だけ身に着けていたそうです。
でも、不思議なことにすぐ外したくなり、無理にでも着けるのがストレスでとても困っていたそうです。事務職の時は個人的に小さな石のピアスを着けていただけだったので、さほど感じなかった違和感に、とても戸惑ったそうです。

そんな時にエイトスターを思い出しました。
エイトスターのことを一番初めに知ったのは、事務員だった時に、その会社の社長さんが社員にエイトスターのお話をしていたのを近くで小耳に挟んだ時です。その時は気にも留めていなかったのですが、最近になって、人気ブロガーのハッピーさんという女性が、旺季志ずか先生と波動のことで盛り上っているのを楽しく読んでいたところ、旺季先生がエイトスターの木曜会に出演する案内をされているのを見て、社長さんが話していたエイトスターのことを思い出したのだそうです。

 今は仕事で大きな宝石に触れる毎日なので、エイトスターとはどういうものか興味が出て、インターネットで調べたらショールームがあることがわかり、実際に見てみたくなってすぐにご来店くださったそうです。

 早速、気になる自分のアクセサリーをEAVで測定したところ、やはり数値は良いはずもなく、外したくなるのは波動のせいなのだと納得されていました。
初めての販売店のお仕事にもストレスを感じていたのだそうですが、ダイヤモンドや色石などを幅広くたくさん扱っていらっしゃるそうで、石の波動のストレスもおありなのだろうと思いました。
ホームページをじっくり読み込んでのご来店でしたので、エイトスターとはどんな石なのかととても楽しみにしてご来店くださったとのことでしたが、実際にご覧になって、本当に輝きがまったく違うと大変驚いていらっしゃいました。
同じ宝石店で勤めているからこそ、輝きの違いがこれほど違うことが実感できるということでした。カットで輝きが違うなんて知らなかった、とも仰っていました。

 そして、これほど美しいダイヤモンドならどうしても欲しいということで、早速お申し込みいただくことになりました。
そして、選ばれた自分だけの石、ブレッシングエイトスターをご覧になり、とても美しいと心から感動なさっていました。
0.3カラット台のエイトスターでしたが、普段宝石を扱っていらっしゃるからこそ、0.3カラットと書かれた鑑定書を疑うほどに、大きく美しく輝いていることが深く実感されるようで、喜びが伝わってきます。

そうして、エイトスターとのご縁が繋がりましたが、私たちには一つ心配なことがありました。エイトスターと普段販売している一般の宝石では輝きがまったく違うので、美し過ぎて、どうしても違いが目立ってしまいます。お仕事上問題が出るかもしれませんから、隠して身につけられるのかと、デザインの面でどのようなご提案が良いかと少し気になっていました。
ですが、そのような心配はまったく必要ありませんでした。
「隠して着けるのですか」とお尋ねしましたところ、
「まったくそんな気はない」とのことでした。
実際見たらあまりに美しいので、ペンダントで作り、チェーンも短めにして、みんなに見えるように堂々と毎日着けてお仕事すると仰います。
職場では、もし何か聞かれたら、「母からもらったものなの」というつもりだということでした。

 そして、こんなお茶目なお言葉も……。

『実は、勤めている宝石店で、お客様から、スタッフと同じデザインがいいわというオーダーを受けたりしているので、もしも同じものが欲しいと言われたら、

「実はこれは内緒ですが、エイトスターです」と、こっそり教えてあげるつもりです。』
そういいながら、抜群の笑顔を見せてくださいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そしてその後日談です。
エイトスターを着けてしばらくは、何も感じなかったそうですが、しばらくしてふとしたことに気付いたそうです。
「そういえば、最近疲れていない!!」

すごく元気いっぱいで動けていて、階段や坂道なら駆け上っていくほどの活力です。
これは大きな変化だと、とてもありがたく感じているとのことです。

そして、もう一つの意外なことがありました。

宝石屋さんにお勤めですから、自社の宝石を接客専用に使っていたそうですが、エイトスターが来てからはまったく着ける気がしないのですべて外してエイトスターのペンダントだけを着けてお仕事をしているのだそうです。

そうすると、あるお客様が、まじまじとエイトスターペンダントをご覧になって、
「あなたのペンダント、すごく光っているわね~」と声をかけられたりするのだそうです。
こんなことがあると、同じお店の同僚達には、さすがに他社ブランドを着けていることが目立っているのではないかと思いきや、誰からもまったく何も言われることもなく、当たり前のようにエイトスターだけを胸元に輝かせて元気にお仕事できる様になったそうで、本当に不思議そうになさっています。
そして、プライベートではお友達にも、同じようにエイトスターが美しいと絶賛されて、エイトスターのお店に一緒に行こうという話になり、話題も広がって楽しい時間が尽きないご様子です。
 エイトスターは確かにとても美しく輝く素晴らしいものですが、この女性のようにたくさんの人々に褒め称えていただけるのは、エイトスターの美しさと女性の素直な美しさが強く共鳴しているからと感じられ、周りにいる人々が幸せになるご様子が目に浮かびます。

大切にしていただき、たくさん感動していただき、私たちもとてもあたたかく幸せな気持ちになりました。

(田村記)私もすでに76才。毎日出社で頑張れる。
これは明らかに、ダイヤモンドのお蔭。
そして、ダイヤモンドを通ってこの身を癒す光の気の恩恵。
神様が地球の中に創っておいたダイヤモンドの意味が、そうして解けました。
人を護るために、創られました。だって、電磁波の害さえ消してしまうのだから……

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。