ショールーム日誌

2015/10/03 ご主人に居場所を教えたエイトスター

7月に納品した奥様のお話です。

体中に湿しんが出て、数日かけてだんだんひどくなってきてので、実家に帰って、お母様と一緒に皮ふ科の病院を受診したそうです。病院も薬も嫌いな人なので、本当に緊急事態だったようです。そこで、もうろうとした中でペンダントをはずし、ポケットに入れ、気がついたのは家に帰って数時間後でした。気付いてすぐに服を探すと、その服はお母様がコインランドリーで洗濯してきていて、ポケットには何も入っていません。 慌てて、家とコインランドリーの一帯を探しに行きました。

コインランドリーでは、鍵がかかっているところを開けてもらい、床も駐車場も全部探しましたが、なかったそうです。 すぐにショールームに電話がかかってきたので、いろいろお話を伺いながらも、何となく、なくなった気がしないけれど、何か気付くことがあるのかも知れないですね、と話していました。いろいろ一緒に見直していくと、ご自分で何かに気付かれたようで、心が落ち着いて、とにかく新しい気持ちでもう一回探してみるということになりました。

電話を切ってから、すぐに、奥様の実家にご主人が尋ねてきて、ポケットからエイトスターを出して『もう、ポケットに入れたらだめだよ』と、言ったそうです。

びっくりして涙しながらも、どこにあったか聞いたところ、コインランドリーの駐車場だということで、また驚きました。

実は、そこは奥様も探したのですが見つからなかったのです。ご主人が探しに行った時は、夜の暗闇で、雨まで降っていました。くまなく見ても見つからなかったので、諦めて車に乗り込もうとしたら、奥様と一緒に選ばれたエイトスターが、こっちだこっちだと引っ張るように感じられたのだそうです。気になって導かれるままにそちらに行って、下を見てもないので、ダイヤの示す場所の地面の、雨混じりの砂を手で払ってみたら、その下からエイトスターが出てきたのだそうです。

これには驚きました。 奥様は、いろいろ迷いがあったことに気付き、迷いを吹っ切ったらダイヤモンドが出てきたので、これでよいのだと感じたということでした。そして、ダイヤモンドを見つけてきてくれる夫をみて、この人を信じていて良いのだと心から安心したそうです。

とても嬉しいお話を聴けて、本当に幸せな気持ちになりました。

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。