ショールーム日誌

2014/06/25 あるお客様の奇跡の体験

まずは田村から・・・

6月14日(土)そのご夫婦は、フウチの勉強会に出席するために上京したという。

東京に来たのだから、以前から気になっていたエイトスター・ダイヤモンドを見てみようと、ショールームにやって来たのは、午後5時過ぎ。玄関先から、ショールームのドアを開けて入ることを躊躇している時、スタッフに声をかけられたという。

私がショールームに呼ばれたのは、奥様のEAV測定が終わったところだった。まだご主人の測定はしていなかった。奥様のEAV結果は、とても安定していて、病気になるには20~30年は掛かりますから安心です、と伝えて、旦那さんの顔を見た。曇っていた。くすんでいた。心配になった。いままでも何人もそういう状態の人をスッキリにしてきたエイトスター・ダイヤモンド。しかし、私がスタッフにかけた言葉は、EAV測定ではなくこの日、二階の天夢で行なっていた血液検査の最後にでも、入れてもらえるかどうか聞いてきてほしい、ということだった。

三ヶ月に一度、土曜会とコラボして、血液検査の達人、吉原正登さんによる血液勉強会だった。5時半は、終わる時間だったのだが、幸いにも、受けて下さった。

血液は、典型的なドロドロ血。赤血球の形もバラバラ。鉄分不足など、私が見ても決して良い血液の状態ではなかった。意外な一言が、あった。本来は、出てくる言葉ではない。

それくらいに悪い血液状態だったのだろう。

このままでは、4年で命を失くすことになるでしょうって。

指導は、水をもっと飲むことと、彼の作った血液をサラサラにしてしまう酵素を摂ること。ご主人も納得していた。真剣になって、ショールームに帰って来た。EAVを測定する酷かった。顔から感じていた通りの気の悪化状態だった。血液につづいて気の状態も最悪だった。

「実は、今日はお二人から命4年と言われました。フウチの先生に見ていただいた時には、4年半と言われました。」

奇しくも、お二人に言われた命の長さ。私は、EAVの測定結果を見て納得していた。

意識指数を測定すると、ご先祖様三家からメッセージあり。お墓参りと朝晩の挨拶だった。EAVの測定結果は悪かったが、意識は、とても高い方だった。

650・・・人の為に労苦を厭わないまでに、自らを高め、仕事に励んでいるのに、この気と身体の状態。

選ばれたダイヤモンドは、0.319カラットのベリーライトイエローのダイヤモンド。文字通り肉体レベルを調整するカラーのダイヤモンドだった。

ブレッシングワン・ダイヤモンドの効能と、ご先祖たちへの挨拶文を紹介し、後はスタッフの大井君に任せて席を後にした。すべてを解っている大井君は、選ばれたダイヤモンドを左の親指と人指し指で挟んで持たせていた、という。この場で選ばれたばかりのダイヤモンドで、少しでも気の状態を改善して差し上げたかったという。

1時間半後、ショールームはとっくに終わっていたが、すべての手続きを終えて、ご夫婦はショールームを出たという。当然にスタッフは、玄関先まで見送りの為に後に着いていく。いらっしゃった時には、膝の痛みから、たった17センチばかりの一段を、足を持ち上げるようにして上がったのだという。

ところが、……。

ここからスタッフ大井にバトンタッチです。

ご主人様が17センチの段差を突然さっと降りて、コンクリートの道の上に正座をなさって、有り難う御座居ました、と言われたのです。奥様も驚かれて思わずご主人様に

「貴方、ほんとに痛くないの?」と叫んだのです。

「本当だよ!見てごらん!何も痛みがないんだよ!」

「大井さんこれって、奇跡っていうんでしょ?」

私は驚きのあまり、一瞬声も出ませんでした。こんなことをなさったお客さまは、今までお一人もいらっしゃらなかったからです。

ご主人様の満面の笑み見た時、エイトスターの光のエネルギーがご主人様のお心の深い大切な所まで、届いたことを実感しました。それこそが膝の痛みを癒したばかりか、本当の奇跡ではないかと……。

自分自身が自分に光を与えるような、いえ、自分にも光があることに気づけた時、人は神と繋がる。

ご主人様がご来店したときに「僕は未来が想像できないんです.・・・」それを聞いた時、この方は絶対に光を求めていらした方だ。ダイヤモンドが呼んでいる!と思っていました。

原石となって45億年以上、地球が産んだダイヤモンド。たった一人の人に出会うために待っているダイヤモンドがあるのです。早く田村を呼んで、光の世界へ案内したいと思いました。田村には、それが出来るのです。

未来が想像出来ないなんて、エイトスターと出会えたら、一瞬でそんなこと忘れてしまう。導かれてしまう。その実は、多くの人たちが、エイトスターと共に生きて明かしている。こうして、ご主人様の大切なブレッシングワンは、出会うことが出来ました。

皆さん、田村がお一人お一人にエイトスター・ダイヤモンドをお選びさせて頂く瞬間を、煌めく空間を共有してみませんか?きっと人生が変わります。

最後に田村から、もう一つの奇跡? 偶然を……1つ。顔色を見て、閃いて送り出した血液検査。行かせてみれば、吉原先生とは、人を介してお互いに旧知の仲。その人は、吉原先生が血液検査の顕微鏡を手に入れ勉強を始めた12年程前に、ご夫婦でサポートしてくれた人。子供の学校が同じで役員をご一緒にされていた仲とか。

この日、この場で、命を永らえる縁が結ばれていた。お客さまは、鈴鹿の人。吉原先生は、名古屋の人。

お客さまのくすんだ顔色は、今までの経験では、半年以内に、光輝く肌に戻っていくことでしょう。と共に、お二人から言われた寿命も永らえることでしょう。

光のエネルギーがダイヤモンドを通して人体へ働き掛ける。次の血液検査まで話は弾んで、お別れになられた。気を整えて病気になりにくい身体にするダイヤモンドが仲介した血液と気とダイヤモンドの連係プレーの巻でした。

顔にクスミのある方、試しにいらしてみて下さい。選ばれたエイトスターを金庫にお預かりしているだけで、クスミが抜けたらスゴイでしょう。そしたら、取りにいらしたらいい。お試し下さい。

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。