ダイヤモンド・カット革命

輝かないダイヤモンド、それはなぜなのでしょうか?

それは、「磨くことができない理由」と「磨かない理由」があるからです。

ダイヤモンドを磨くことが出来ない理由 ダイヤモンドは地球上で最も硬い物質。その硬い中にもさらに硬い部分(結晶)があります。だからといってそれを避けて磨いては、ダイヤンモンドの本来の輝きからは遠ざかってしまいます。また、これまで光の反射を見ながら磨くすべがなかったということもダイヤモンドの本来の輝きから遠ざかってしまった理由です。
ダイヤモンドを磨かない理由 ダイヤモンドの価格を決める大きな要素の一つは重さ(カラット)です。経済性優先の研磨工場では、美しい輝きよりも重さを重視します。輝きとは関係なく、原石をできるだけ重く大きく磨いたほうが高価格になるからです。
赤いダイヤモンドを見る、ファイヤー・スコープ~ すべてのダイヤモンドが同じ姿形に磨かれる奇跡 ~
ダイヤモンド業界の常識をくつがえし、どのような大きさでも、同じ理想の姿に磨く技術を世界で初めて完成
ダイヤモンド内部の光の反射状態を赤い光で見せてくれる「ファイヤー・スコープ」、エイトスター・カットに無くてはならないものです。ファイヤー・スコープの登場によって、ラウンド・ブリリアント・カット全58面への光の反射を研磨の最中でも見ることが可能になりました。
「2つとして同じカットが存在しない」「同じようには磨けない」は、エイトスター・カットにはもはや通用しません。
Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。