相性研究

エイトスターでは、毎週土曜日様々な相性について公開で研究をしております。
宝石だけでなく、日常の身の周りにある様々なものがあなたへ与える影響について測定すること
で、より健康で豊かな生活を手に入れることができるでしょう。

土曜会 ~EAVの無料測定&講話会~

相性測定を行いたいものをお待ちください。
見学のみでもお気軽にご参加いただけます。
バランス中心「EAV50」を保つ生活のヒントがきっと見つかるはずです。
土曜会レポートでも会の様子をまとめております。

土曜会レポート

2013/09/21 続・Dr.健人を測定しました!

続・Dr.健人を測定しました!

リ ン パ 系 神 経 系 血 液 循 環 系 ア レ ル ギ | 系 臓 器 の 変 性 内 分 泌 系
Nさん基本値 50 48 50 50 50 50 50
Dr.健人(4粒) 46 48 50 46 50 50 50
Dr.健人(2粒) 48 48 50 50 50 50 50
Sさん基本値 50 51 52 57 55 50 59
Dr.健人(4粒) 50 48 50 50 50 45 53
Dr.健人(2粒) 50 50 50 50 50 50 50

(赤字は、病的な気のレベルを刺激する数値を表しております。)

【測定結果】
先週に引き続き、骨密度改善のサプリ“Dr.健人”を測定しました。前回は1日分4粒でしたが、今回は2粒でも測定してみました。中には1粒でないとオール50にならない方もいらっしゃいましたが、他の方はほとんど2粒で安心、中庸の範囲(48)のサプリでした。1日分4錠摂るのではなく、数回に分けることで、より安心しての骨密度改善になります。また、先週予告した骨年齢の測定も行ないました。一見丈夫そうな人が実は骨年齢が90歳を超えていたり、実年齢より20歳以上若い方がいたり、会場は盛り上がりました。また骨年齢測定会は実施しますので、どうぞご参加下さい。

【トピック】
☆Dr.健人開発者の中村和雄先生は御年75。最初の測定での骨年齢は70歳だったそうです。それが毎月驚く変化ぶり。56・53・48・33・24(各一ヶ月毎の推移。6ヶ月で70から24歳) Dr.健人は、「プロテタイト」という、主原料は、カルシウムとミネラルの複合体とのことですが、既存の物質ではないため、新物質として特許を取得。これに、コラーゲンを合せることで出来ているとのこと。こんな効果ならば、みんなやりたがります。特に、動脈硬化、血管年齢・骨年齢共に90以上の体内悪の3冠王の田村は、大喜び。動脈硬化から始まった改善策。まさか、コラーゲンも動脈硬化の一種、アテローム粥状硬化を溶かすとは、コラーゲンの石井先生談。Dr.健人にもコラーゲンとは、答え来てる! 天が導いている! と元気一杯でした。骨年齢、定期的に検査を受け、結果を報告してゆきますのでどうぞお楽しみに!!

☆骨粗しょう症の80%が女性だそうです。一般的に女性は20歳から40歳までが骨密度最高、60歳で骨量不足、70歳で骨粗しょう症になるのだそうです。50歳過ぎで閉経するとホルモンの関係で、坂道を転げ落ちるように骨量が減ってゆくのだそうです。骨はカルシウムのみで出来ていると思われがちですが、ビルに例えれば、鉄骨にあたるのがコラーゲン、生コンにあたるのがカルシウムなのだそうです。ですので、鉄骨部分が錆びると生コン部分もぼろぼろになってしまいます。きちんと補給して骨粗しょう症を予防改善しましょう。

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。