相性研究ニュース

巷の興味は「お茶」から「アミノ酸飲料」へ

巷にあふれるドリンク類。ちょっと前までは、さまざまな種類のお茶がテレビCMを賑わせていましたが、もう出尽くした感がありますね。今年の目玉は、何と言っても「アミノ酸飲料」。夏に向かいダイエットの切り札として、たくさんの新商品が出回っています。ということで、今回は特に「燃焼系」に注目し、検証してみました。

人間の身体はアミノ酸から出来ている!そもそもアミノ酸とは、タンパク質を構成する最小単位。人間の身体を作るタンパク質は、いくつものアミノ酸が集まって出来ています。脳、内臓、骨、そして神経伝達物質やホルモン、さらには血液に至るまで、人体を構成するもの全てが、複雑に絡み合ったアミノ酸から出来ているのです。栄養学的には、体内で合成できないものを「必須アミノ酸」、合成できるものを「非必須アミノ酸」といいます。必須アミノ酸は食べ物から摂らなければならず、非必須アミノ酸は体内で合成できるので、一般的には食事から摂る必要はないとされます。さて早速、人気が高い3つのアミノ酸飲料の測定結果をご紹介します。

【表アミノ酸飲料による測定】下欄ご参照ください。

このように、平均して50に近い数値になったのが、印象的なCMで人気No.1の「燃焼系アミノ式」でした。「バーム」以外は、入っているアミノ酸の種類と多少の分量の違いはあっても、決定的な違いは見られませんでしたが、強いて言うなら、「アミノ式」には母乳中のアミノ酸の中に特に多く含まれるアミノ酸が入っているということ。赤ちゃんの身体に優しいものは成人した我々にも優しく、また免疫力を強化する力が他のドリンクに比べて高いのではないでしょうか。

でもしかし、「アミノ酸の落とし穴!」7月22日夕方のニュースで放送されたこんな見出しに注目して、見てみました。33歳男性、血糖値150ということで、糖尿病にならないようにと医師に少し注意を受けました。それを気にした本人は、ダイエットの効果を期待して、飲みやすさもあり、3ヵ月間毎日6リットル(2リットルボトル3本)飲み続けた結果、体重が17kgも減ったものの、血糖値が350になってしまいました。この体重の減少は、ダイエットの効果ではなく、糖尿病から来るもので、現代に多くなっているドリンクの飲み過ぎで起こる糖尿病症候群なのだそうです。ドリンク500ml中、糖分は平均30gですので、この男性は毎日360gもの砂糖を3ヵ月間食べ続けたことになるのですから、当然と言えば当然なのですが、そのために今後一生、インシュリンを毎日食事前に自分で注射しなければならなくなってしまいました。「いくら何でも飲み過ぎだよ! バカだなぁ!」なんて単純なことではないのです。

燃焼系ドリンクで本当にダイエットできるの?つまりこの番組の注目すべき点は、「身体に摂取される燃焼系アミノ酸の効果より、平行して摂ってしまう糖分がいかに多いか!」ということ。カロリーオフ、ノンカロリーの表示は、まったくカロリーがないわけではなく、栄養表示基準制度では、100ml中5キロカロリー以下ならノンカロリー、20キロカロリー以下はカロリーオフと表示されているのです。

おまけにこれは初耳!燃焼系アミノ酸が入っているドリンクを飲めば、運動もしないで簡単にダイエットできると思っていませんか?それは大間違い!!燃焼アミノ酸が体内に入ると素早く吸収され、脂肪を分解、分解された脂肪はエネルギーになり、遊離脂肪酸として血液中に送り込まれます。しかしそこで重要なのは、有酸素運動(20分程度のウォーキングなど)。脂肪は、運動によってエネルギーとして初めて燃焼するのです。もし、飲んだ後に運動をしなければ、脂肪は元に戻ってしまう!つまり「痩せない ⇒ 糖分摂っちゃった ⇒ 余計太っちゃう!」こんな図式です。メーカーに問い合わせてみると、「あくまでも清涼飲料水ですから、常識の範囲でお飲みください」と言うだけ、実に無責任ですよね。飲むだけでダイエット効果があるようなCMなのに。

今回の測定結果では、50に近いものはありましたが、エイトスターとしては特におすすめいたしません。でもきちんと有酸素運動をしている方でしたら、「アミノ式」を運動前に適量お飲みになるのはいかがでしょうか。最後に、本当の燃焼系のためのポイントを。脂肪燃焼アミノ酸のうち、必須アミノ酸の「リジン」と「アルギニン」は、次の食べ物から摂れます。

・リジン……肉類・魚介類に多い(特に豚肉)、野菜では摂りにくいが大豆(納豆)・アルギニン……肉類(特に鶏肉、皮と脂肪をとって)、玄米、全粒粉パン、ナッツ類(アルギニンは、幼少時は必須アミノ酸ですが、大人になると、体内で合成できるようになります。)

*季刊誌「エイトスター」第34号(2003年9月9日号)より
34

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。