相性研究ニュース

スナック菓子を安全に食べる秘法公開の巻

2002年夏、土曜会も皆様に支えられ、おかげさまで、今年で無事に十年目を迎えることができました。ありがとうございます。さて、今回も身近なものの特集を考えている時に思いついたのが、ふだん何気なく手を出しているスナック菓子。今の時代、お菓子も創造性に富み、欲しい気持ちを心地よく刺激するネーミングのものを始め、数多くのアイテムが登場しています。私たち消費者としては、選ぶ楽しみが増えてうれしい限りですが、一方で、偽装牛肉事件以来つづいている添加物騒動などで、食品業界に対する不信感は否めません。特にスナック菓子類は、大人だけでなく子どもたちがよく口にするものだからこそ、できるだけ安全なエネルギーのものを知りたいと思いました。そんな思いでスナック菓子を調べてみたら、とてもおもしろいことに行き着きました。今回は、スナック菓子を安全に食べる秘法公開の巻です。

◎ヒント:フランスでは“愛のりんご”、イタリアでは“黄金のりんご”、日本では“赤なす”と呼ぶものを使います。答えは後ほど……。

コンビニやスーパーの棚にズラッと並ぶスナック菓子。それら何十種類のほとんどを、片っ端から測定してみました。でも、さすがジャンクフードというだけあって、本当にエネルギーの良いものは、ほとんど見つかりませんでした。そんな中で、測定した数値から、一つの傾向が浮き彫りになってきたので、それを糸口にして調べていった結果、スナック菓子のエネルギーの鍵を握るのは、塩の種類、つまり味付けの仕方の影響が大きいことがわかりました。そこで、いろいろなメーカーで使われている塩を調べ、ポピュラーな塩味のものに的を絞ってリストアップしてみました。まずは測定結果をご覧ください。

塩の種類から見てみると、たった一つだけ例外が出ました。「トマトプリッツ」です。カルビーのポテトチップ「焼き塩」が良かったのは、エネルギーの悪い塩でも、焼けばエネルギーが良くなるということが以前の土曜会で実験済みなので納得の結果ですが、食塩が使われている他の製品は例外なく悪かったのに、なぜ食塩を使っていてもトマトプリッツだけが良いのでしょうか?何が他と違うのだろう、と考えながら、ふと「トマトプリッツ」ということで、トマトに注目してみました。

そこで、まさかとは思いながらも、冗談半分で上記の測定結果の悪いスナック菓子に、生のトマト1個をのせてみたところ、あら不思議、素晴らしい結果になったのです。トマトが良いのかも!それならば、市販のトマトの缶ジュースではどうだろうと測定してみました。何しろ缶ジュースに入っているトマトの量は3~5個分というのですから、成分の特性が十分に現れるだろうと思ったのです。缶ジュースそのもののエネルギーの結果と合わせてご覧ください。

ここで、また魔法が現れました。もともと良いエネルギーのトマトジュースであれば、乱れたエネルギーのスナック菓子と一緒にすれば良くなることは明白でしたが、トマトジュースそのものが好結果でないものでも、スナック菓子の悪いエネルギーを調整してしまうのです。無塩、有塩も関係ありません。また、生トマト1個でオール50になりきれないものも、トマトの量を増やせばオール50になることがわかりました。もともとトマトは、「トマトが赤くなると、医者が青くなる」と言われるほど栄養満点、健康促進の食べ物です。ビタミンA・Cにはじまり、ミネラルもたっぷり。中でもトマトを赤くするもとでもあるリコピン酸を非常に多く含む食品です。このリコピン酸、医学界で最近にわかに注目を集めているそうです。なんといってもこのリコピン酸は、その強い抗酸化作用により、体内の活性酸素の除去や、悪玉コレステロールを排泄する働きがあるので、成人病予防や動脈硬化に大変すぐれた働きをもつとのこと。さらに、トマトには、疲れのもとになる体内の乳酸を分解して取り除く働きをもつクエン酸もたっぷり含まれていますので、夏バテ防止にトマトだけででも召し上がってみては?

いやはやそれにしても、頼もしいトマトパワー、そしてトマトマジック!今回の結果から言えることは、以前も味の素をコーラと組み合わせることで中和した例があるように、単独では50に程遠いエネルギーのものでも、その食べ合わせ組み合わせにより、よりバランスのとれたエネルギーになる事実。次に、1つ1つの素材自体で50にならないものは、いくら食べ合わせで50のエネルギーに中和したとしても、素材そのものの部分に反応する方は、さまざまな状態となって反応することもまた事実なので、スナック菓子もほどほどに。でも、どうしても食べたくなった時には

「愛のりんご、黄金のりんご、赤なす」

そうだったんですね。知りませんでした。いろいろ勉強になる相性研究でした。

*季刊誌「エイトスター」第30号(2002年9月9日号)より
30-1 30-2

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。