相性研究ニュース

台所シリーズ 今回は植物油です

油といえば、身体に必須の栄養素として、たんぱく質、炭水化物、ビタミンミネラルに並び、代表的な栄養素「脂質」の一つです。また料理でも、その用途が豊富な万能調味料でもあります。しかし最近では“高カロリーは肥満の大敵”“摂りすぎは禁物”というイメージから“身体にはよくないもの”というレッテルをはられ、健康食品リストからは、まずは除外される代表です。しかし大切な栄養素となれば、できるだけ良いエネルギーの油を使いたいものです。日常私たちは、一体どんなエネルギーのものを身体に取り入れているのでしょうか?比較的手に入りやすいものの中から、ポピュラーなものを代表して測定してみました。まずデータからご覧ください。

ここでは測定していない種類を含めて、ほとんどのものが人によって数値がまったくバラバラでした。一方で、何を測っても油と相性がいい方、まるで身体が油を必要としているような数値(どれでもほぼ50前後)が出た方もいらっしゃいました。油に対する各人の反応は、もともとご本人のもつ基準値の高低などにも関係なく、油そのものの要否ということのようです。しかし、オリーブオイル、ごま油と次々に測っても、誰にでも良いものが、とにかく見つからない。確かに、そう簡単に50のものが見つかるわけはないのですが、やはりポピュラーなものの中で50のものを見つけるのは至難の技。……と半ばあきらめかけていた時、スーパーでフッと目に飛び込んできた“ある油”。これを測ったら、なんとオール50。バラバラな反応の中でやっと見つかった、どなたを測っても、ほぼオール50をキープしつづけた油、そのやさしいエネルギーの持ち主は、

「米 油」(ホーネン)といいます。

久しぶりに50の推奨品登場です。あまり聞き慣れないかもしれませんが、もう40年以上前から製造されていたとのこと。近年では、学校給食用としても、広く用いられ始めているとか。国内の植物油の中では唯一、国産の原料(米ぬかと胚芽)から生まれた、自然の恵みをいっぱいに受けた食用油だそうです。新しい驚きに、別のメーカーの「米油」も見つけて測ってみました。まるごと1.5リットルのボトルごと測ったにもかかわらず、オール50! どうやら「米油」は良さそうです。

ということで、メーカーに問い合わせてみたところ、米油は驚くほど優れた特徴をいろいろ合わせ持つことが分かりました。以下、簡単にその特徴をご紹介したいと思います。他の油には見られない最大の特徴は、米油には、医薬品としても使われるオリザノールという成分が多く含まれているということです。このオリザノールは、非常に健康増進に有効で、成人病予防、老化予防、はたまた自律神経失調症や更年期障害などの治療にも有効とされている成分。なお、血清のコレステロール低下作用があるため、実際にコレステロール低下薬としても使用されているそうです。また、米油には、小腸からコレステロールが吸収されるのを防ぐ効果のある植物ステロールという成分も、天然のまま非常に多く含まれており、この植物ステロールとオリザノールの相乗効果で、コレステロール低下作用は植物油の中ではダントツに優れているということです。さらに、天然の酸化防止剤の役割をするビタミンEもたっぷり含まれ、抗酸化作用が強いので、実は、大手メーカー(カルビー、湖池屋、山芳製菓)のポテトチップスなどは、全部コメ油で揚げているそうです。普通の油だと酸化のスピードが早く、時間がたってしまうと、胸焼けや胃もたれがして食べられないほどひどい品質になってしまうそうです。米油なら酸化しにくく、揚げた後の品質が安定し、植物油の中では一番酸化安定性が優れているので、米油を使っているとのことでした。とても身近なところで使われていた米油ですが、この他に、大切な栄養素であり、身体に良いとされる不飽和脂肪酸のオレイン酸(42%)とリノール酸(36%)をバランスよく含んでいるため、食感も口当たりが良く、おいしくて、胃にもたれることが少なく、熱にも強く、軽い油ということでした。この「米油」、私たちの身体に本当にいいものみたいですね。近年では遺伝子組換食品が輸入されたために国産品の需要が高まる中、子供たちに安全性の高いものを食べさせたいという理由から、学校給食でも広く使われ始めているようです。古来から、米は神様が東洋人に与えた食物の宝だと言われていますが、米油が身体に合うのは、“身土不二”といった背景があるのかもしれません。でも、こんなに良いものでも油は油、取り過ぎることなく、適量の摂取で、健康な身体づくりにうまく取り入れていきましょう!さて、測定中、興味深かったのは、日頃使われている油との相性が、非常に良い方が多かったということです。50というエネルギーを身体が知っていると、無意識にでも、50の身体のエネルギーに共鳴するものを選ぶのかもしれませんね。

*「米油」についてのお問い合わせは、 ボーソー油脂 TEL 047-435-7733 ホーネンコーポレーション TEL 03-3211-2061

なお、油といえば酸化が気になるところです。空気に触れた時から酸化が始まりますので、身体のことを考えるなら、どんな油でも開栓後は冷暗所で保存し、1ヵ月以内には使いきることが理想だそうです。また、油は加熱すると、さらに酸化が加速されるので、使っても2度位までにして、とにかく、新しいものをできるだけ早く使いきることが良いそうです。酸化にともなうエネルギーの変化については、ただいま研究中ですので、しばしお待ちください……。

ということで、これからも、土曜会は、50のアンテナを働かせていきながら、良いものを探し、皆さんにご紹介していきたいと思っております。

*季刊誌「エイトスター」第29号(2002年6月9日号)より
23

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。