エイトスター・ダイヤモンドの選び方の進化③

オンリーワン・ダイヤモンド選び-進化

水色の文字はカーソルを合わせると説明文が見られます

1998年、山蔭基央先生との出会いで田村は神道の真髄を学びます。神棚を祀り、祝詞を上げるようになり、お客様にとっての‘たった一つ’のダイヤモンド選びは、田村自身の進化とともに拍車がかかります。

2001年、日垣宮主(ひがきのみやぬし)先生によりダイヤモンド神界の存在が明かされ、エイトスター・ダイヤモンドが神界と繋がるために、2002年7月、天孫を迎える齋座(いわくら) 皇城(すめらぎ)が創られました。

より研ぎ澄まされた田村の感覚はEAVによるスタッフ選択から再び田村選択のダイヤモンド選びとなり、オンリーワン・ダイヤモンドと呼ばれるようになりました。2004年には写真ないし、名前と住所があれば、ご本人が目の前に居なくてもオンリーワン・ダイヤモンド選びが可能になりました。

さらに書籍『パワーか、フォースか』で意識指数測定法を学びます。以後エイトスターでは、意識指数のことを(CQ=コンシャスネス・クォンシャント)と呼び、田村の振り子(pendulum)によるダイヤモンドの意識指数測定が開始されました。


2007年、田村はダイヤモンド神界と繋がり、日々の祝詞(のりと)奏上によりエイトスター・ダイヤモンドの意識指数は全て1000になります。そして全てのダイヤモンドがEAV50になり、同年10月にはそれらダイヤモンドは全てが「祝福されている」と確信、‘ブレッシングワン・ダイヤモンド’へと進化しました。


エイトスター・ダイヤモンドの選び方の変遷、それは完璧なカットから放たれる輝き(光)に秘められた真実の探求の一幕ごとの場面でした。 その物語は、あたかも既に構成されていたかのような脚本を捲るが如く、それぞれの場面には必ずスポットライトを浴びる要素が登場しました。

不思議なダイヤモンド選び、あなたを待っているたった一つのエイトスター・ダイヤモンドそのパフォーマンスを体験してみてください!

>>ブレッシングワン・ダイヤモンド

>> 「エイトスター・ダイヤモンド」物語り-導かれるままに ①

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。