エイトスター・ダイヤモンドの選び方の進化②

EAV機器を用いて、人の気を最高の状態に整えるダイヤモンド選び

水色の文字はカーソルを合わせると説明文が見られます
EAVとは、ドイツや旧ソビエトなどで薬の種類や 飲用量・麻酔の量など、その人に合った薬・量を 測定する医療機器として使用されています。

個人個人の状態に応じて必要な物・量を選べる、 人と物との相性をチェックできる機器です。

1992年6月、このEAV機器がエイトスターに導入されます。
これにより、最高の気の状態(中庸)に調整する、その方に一番相性の良いエイトスターを選ぶことが可能になりました。

EAV測定での‘相性の良いダイヤモンド選び=オール50’は、絶対的な方法となりました。と同時に田村だけのダイヤモンド選びから、スタッフが選べるエイトスターになりました。

EAV機器を使い生活用品を測定する土曜会が始まり、希少で素晴らしい商品を見い出し、ご紹介できるようになりました。
それらの商品は「たか・され倶楽部」商品としてエイトスターで販売されています。

>>選び方の進化 ③

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。