ダイヤモンドのカットの重要性

ダイヤモンドの常識を超えた世界初のカット

一般的にダイヤモンドの品質を決めるのは4C(色・透明度・重さ・研磨)です。
なかでもカット(研磨)は唯一人間の手によって品質が左右される領域で、最も重要であることをエイトスター・ダイヤモンドが証明しました。

エイトスター・ダイヤモンドのカットは、1919年にマルセル・トルコフスキー(マスターカッター・数学博士)がダイヤモンドの光効果について分析し考案した理論を、世界で初めて実現させたものです。

完璧なカットを完成させたとき、ダイヤモンドに’8本の矢’が浮かび上がりました。この8本の矢は、ダイヤモンドの全ての面が全反射するよう完璧にカットされたもののみに見られる証です。

ダイヤモンドの輝きはカットで決まる 他では見られない最高峰の輝きを実現

ファイヤー・スコープの原理 ダイヤモンドに入ってくる光をもらすことなく
全反射させる完璧なカット。
その始まりは、ダイヤ内部の光の反射状態がひと目で分かる、ファイヤー・スコープとの出合いでした。

ファイヤー・スコープを使い、ブリリアントカットの全58面の光の反射を確認しながら、全ての面の反射率を限界まで高めたカットを追及し、ダイヤモンドの完璧な姿・輝きを完成させていきます。

カットの違いは輝きの違い

ファイヤー・スコープを通して見ると、ダイヤモンド内部の光の反射状態が「赤い色」で表れます。

カットの違いは輝きの違い

光の全面反射は完璧なカットからしか生まれません。
完璧なダイヤモンドが生まれた証しは、現れた8本の矢。
その印は、宇宙の真理を表す正八角方位図であり、仏陀のシンボル像を表す輪宝であり古代アステカの太陽を表す暦と重なり、エイトスター・ダイヤモンドの不思議な物語がここから始まりました。

あなたを守り、輝かせる、世界で唯一あなただけのダイヤモンドが、あなたとの出合いを待っています。


最高の輝きを放つ自分だけのダイヤモンドを見つけませんか。
幸せに導くダイヤモンドは、婚約指輪・結婚指輪にもぴったりです。エイトスター・ダイヤモンドは、東京と大阪のショールームにてご覧いただけます。

Contact お問い合フォーム ご質問・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。